ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善!

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善!

流し読み 3 分

なんだか汗がベタベタする。

体臭がキツい人にありがちなことです。

 

この原因は「汗をかく力:汗腺」が老化していることが原因。

と言っても1日10分〜の簡単なお風呂トレーニングだけで回復できるので心配はいりません。

 

ベタベタ汗は健康にも体臭にも悪いので、これを機に汗腺機能を1週間で復活させましょう!

 

体臭予防の正しい入浴方法も勉強する▶︎

あなたはどっち?汗腺機能セルフチェック

汗腺がどれだけ機能しているかを客観的に判断するのは難しいですが、簡単なセルフチェックである程度わかります。

まずは自分の汗腺状況をチェックしてみましょう。

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善! 冷暖房の効いた部屋で過ごすことが多い

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善! 生活習慣が乱れている

 ・運動不足

 ・睡眠不足

 ・栄養不足

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善! 体温が低い

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善! 冷え性

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善! 便秘気味

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善! 肌が荒れやすい

当てはまる項目が多いほど汗腺機能が低下している可能性が高いです。

 

汗腺機能が衰えると体臭がキツくなり、肌も荒れやすく体全体の活力も落ちます。

チェック数が置い人は要注意!

 

疲れ、ストレスが溜まっている人は温冷交代浴がより効果的です。

下記の記事を参考にしてください。

 

汗の機能と役割

汗にはエクリン汗腺からでる汗と、アポクリン汗腺から出る汗があります。

2つの汗腺の違い
汗腺の役割汗腺の場所汗の成分
エクリン汗腺体温調節全身水分99%
ミネラル1%
アポクリン汗腺フェロモン主に毛根付近タンパク質や
脂質など

今回お話するのは主にエクリン汗腺についてです。

アポクリン汗腺の機能についてはこちら▶︎

 

とはいえ、汗腺機能を回復するとアポクリン汗腺にも好影響なのでしっかり鍛えましょう。

なぜベタベタ汗がでる?汗が臭う仕組み

臭くない汗=水分率99%

臭い汗=水分比率が少ない

同時にベタベタするのも汗の水分比率が少ないからです。

汗が臭う仕組み

汗が臭うのは汗中に水分以外の成分が含まれているからです。

そして汗中に水分以外の成分が含まれる理由は2つ。

  1. 血液に臭気物質が多い
  2. ミネラル分の再吸収ができてない

血液に臭気成分が多い

汗は血液から作られています。汗は血液透明にしたものだと思ってください。

 

見れば分かる通り、血液にニオイ成分が多いと汗も臭くなります。

 

血液の臭いを減らすには食生活の見直しが有効です。

ミネラル分の再吸収ができてない

体内にある汗の原液には臭いの元になるミネラル分が豊富です。

ではなぜ体外に出るときに水分だけになるのか?

 

答えは汗腺を通る途中でミネラルが体に再吸収されるからです。

そして吸収されたミネラルは体の中で再利用されます。

 

もう一度図を見てみましょう。

このミネラルの再吸収がうまくできないと臭いが強い汗、ベタベタした汗になります。

汗腺機能が衰えるとミネラルの再吸収ができないためにベタベタします。

ベタベタ汗の原因は汗腺機能の衰え

汗腺機能は使わないとすぐに衰える

汗腺機能は汗をかくほど発達し、使わないとすぐに衰えます。

汗腺が老化するというのは、加齢によるものではなく、汗をかかないことで汗腺の力が弱くなった状態のことです。

老化といっても、簡単なトレーニングをするだけで1〜2週間で汗腺機能が復活するので心配はいりません。

 

良い汗、悪い汗の違いとは?

良い汗と悪い汗の違いを見てみます。

良い汗はサラサラ汗

良い汗とは汗中に余分な成分がなく、限りなく純粋に近い汗です。

汗腺機能が純分働いている汗ですね。

良い汗の特徴

  • サラサラ
  • 汗の粒が小さい
  • 体温調節機能が高い
  • 無臭

ベタベタ汗は悪い汗

逆に汗腺の機能が衰えて汗中に余分な成分が多いのが悪い汗です。

体温調節機能も低いので熱中症にもなりやすくなります。

悪い汗の特徴

  • ベタベタする
  • 汗の粒が大きい
  • 体温調節機能が低い
  • しょっぱい
  • 汗臭い

 

汗腺老化を回復!悪い汗を改善する方法

汗腺機能は毎日のトレーニングでぐんぐん回復してくれます。

効果があわられる目安は7日目〜です。

 

とはいえ、汗の臭いが気になって、外出先で汗トレをするのは気が引けますよね?

忙しくてウォーキングなどの時間を取れない人もいると思います。

 

今回ご紹介するのは自宅だけでできるので今日から実践可能です。

レッツトライ!

自宅だけでできる!汗腺トレーニング7日プログラム

汗腺トレーニングは浴槽を使って行います。

所用時間10〜15分ほどのトレーニングを2つ紹介するので用途により使い分けてください。

自宅でできる汗腺トレーニング
トレーニング効果追加効果所要時間
手足高温浴高いデトックス10~15分
微温半身浴普通リラックス10~15分

ちょっとしたリラックスタイムとしてもちょうど良い時間なので、今日から実践できますね。

 

汗腺トレーニング1:手足高温浴の手順

参考:サラサラ汗をかくには「手足高温浴」と「微温半身浴」

まずイメージ図です。

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善!サラサラ汗をかくには「手足高温浴」と「微温半身浴」

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善!CYのブログ:運動なしで汗腺改善

バスチェアはあってもなくてもOK。
自宅の浴槽に合わせて、リラックスできる選択をしましょう。

STEP.1
水分を十分取る
入浴中は大量の汗をかくので水分補給を必ずしてください。目安はコップ一杯ほど。おすすめの飲み物は後述します
STEP.2
浴槽に入る
バスチェアはお好みです
STEP.3
熱めの(43度前後)のお湯を入れる
お湯の量は膝下が半分ほど、腕は肘下が半分ほど浸かる程度に調整します
熱すぎる場合は低い温度でOK
STEP.4
10分~15分間湯船に浸かる
入浴中は特にすることはないのでリラックスしましょう
STEP.5
お風呂から出て水分補給
入浴後もしっかりと水分補給をしましょう
注意点
入浴後のエアコンはNG
汗が吹き出るのでエアコンに当たりたくなりますが、NGです。入浴後の全身発汗が汗腺機能を回復させるのでタオルで拭いたら自然に汗が引くのを待ちましょう。

べたつくようなら汗が引いた後に濡れタオルで汗を拭き取ってあげるとサッパリしますよ

なぜ手足だけ温める?

末梢神経への刺激で、脳が発汗信号を全身に送り、汗腺機能が活性化されるため

手足は体から一番遠い場所で発汗信号が一番届きにく場所です。そのため、もっとも早く汗腺機能が衰えて手足の新陳代謝が悪くなるのです。

汗腺機能が弱まると冷え性になるのはこのためです。

 

また、全身浴で熱い湯船に短時間浸かるような一瞬でドバッとかく汗では汗腺機能を刺激できない点でも、手足浴で体の芯から温めるのが有効です。

 

汗腺トレーニング2:微温半身浴の手順

参考:サラサラ汗をかくには「手足高温浴」と「微温半身浴」

まずイメージ図から。

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善!サラサラ汗をかくには「手足高温浴」と「微温半身浴」

手足高温浴→交感神経を刺激=より発汗効果を高める

微温半身浴→副交感神経を刺激=自律神経の調整

STEP.1
水分を十分取る
入浴中は大量の汗をかくので水分補給を必ずしてください。目安はコップ一杯ほど。おすすめの飲み物は後述します
STEP.2
浴槽に入る
STEP.3
ぬるめ(39度ほど)のお湯を入れる
お湯の量はおへその少し上が浸かる程度に調整します。
お湯に大さじ2杯くらいの塩や酢を入れると、より発汗が促進されます。
STEP.4
10分~15分間湯船に浸かる
入浴中は特にすることはないのでリラックスしましょう
STEP.5
お風呂から出て水分補給
入浴後もしっかりと水分補給をしましょう
注意点
入浴後のエアコンはNG
汗が吹き出るのでエアコンに当たりたくなりますが、NGです。入浴後の全身発汗が汗腺機能を回復させるのでタオルで拭いたら自然に汗が引くのを待ちましょう。

べたつくようなら汗が引いた後に、濡れタオルで汗を拭き取ってあげるとサッパリします

 

汗トレしても汗が出ないけど大丈夫??

汗腺トレーニングをしても汗が出ない人は要注意です。

このような場合は極度に汗腺が衰えているか、汗を出す能動汗腺自体が少ないケースが当てはまります。

 

汗が出ないのに入浴を続けると、負担が大きく家庭内熱中症になる可能性も。

汗が出ないときはこちらの記事を参考にして、徐々に慣らしましょう。

熱中症体質の人は汗腺トレーニングではなく、前回のコラムで説明したエアコンの設定温度を1度ずつ上げる「臭わない汗をかく生活法」で能動汗腺を時間をかけて少しずつ増やしてください。

ヨミドクター:汗腺トレーニング

トレーニング前後は汗腺機能を補助する飲み物を飲もう!

汗腺トレーニングは大量に発汗するため、体内の水分とミネラルが大量に失われます。

トレーニング前後には必ずコップ一杯以上の水分を補給してください。

トレーニング時のおすすめ飲料
  • リンゴ酢ドリンク
  • 黒酢ドリンク
  • 生姜ドリンク

 

生姜、クエン酸には発汗促進効果があるので汗腺をより効果的に刺激することができるので是非セットで行いましょう。

汗腺トレーニング補助ドリンクの作り方

  1. 大さじ一杯ほどのリンゴ酢、黒酢、またはすりおろしの生姜を準備
  2. ①にお好みの量の水を入れる
  3. 混ぜて完成

※蜂蜜を入れると美味しさ+効果アップでおすすめ!

 

身近なものだと、汗腺機能の補助効果はありませんが、ミネラルを豊富に含む麦茶がおすすめです。

 

汗腺トレーニングの効果とは?

汗腺を鍛えるメリット

  • 体内の毒素排出
  • 体温調節機能の向上
  • 代謝が上がる(痩せやすくなる)
  • むくみ解消
  • 肌のキメが細かくなる
  • リフレッシュ
  • ストレス解消

汗腺の働きが正常でもベタベタ汗が出るとき

汗腺が正常でも一気に汗をかくと臭くてベタベタした汗が出てしまいます。

汗が瞬間的に吹き出ると、ミネラルの吸収スピードが発汗スピードに追いつかず、悪い汗になります。

瞬間的に汗が吹き出るシーン

緊張時の汗

ホットフラッシュ(更年期)

エアコンの部屋から急に暑い屋外に出たとき

この場合でも汗腺機能を高めることで改善しますが、完全には良くなりません。

汗腺トレーニングとともにストレスの緩和や緊張の元を断つなどの、努力も必要です。

 

ベタベタ汗の原因と汗腺の老化、改善方法まとめ

汗腺の老化によりでてくるベタベタ汗は、不快なだけでなく体臭にもつながる厄介者。

お肌にも体にも悪影響なので毎日15分のトレーニングで今日から改善しましょう!

 

体臭が変わると心も前向きになれます。

あなたも今日からレッツトライ!

 

疲れ、ストレスが溜まっている人はこちらの入浴▶︎

体臭予防の正しい入浴方法はこちら▶︎

 

体臭予防は石鹸の選び方も超重要です。体臭予防にボディソープを使っていませんか?

 

体臭記事一覧へ戻る▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベタベタ汗は老化が原因|体臭に悪い汗を1日10分の汗腺トレーニングで短期回復して体臭改善!