体臭全般

ミョウバンって食べれるの?安全性と注意点まとめ

こんにちは!
ミョウバンってどんなものかご存知ですか?

アルミニウムで、実はいろんな食べ物に入ってるんです。

ミョウバンは知ってるけど、実際どんなものかまで知らない方は多いんじゃないでしょうか?

 

今回はそんな疑問を調査した結果!
というお話です。

 

読者さま
ミョウバンって食べれるんだ

制汗剤に使われるのに食べれるって不思議ですよね!

 

こんなあなたにピッタリの記事!

  • ミョウバンは知ってたけど、どんなものかまで知らない
  • ミョウバンを使う予定がある

 

ミョウバンっていったい何?

女の子ダメ

無水硫酸カリウムアルミニウム。世界最古のデオドラント剤といわれ、食品添加物にも使われています。

刺激性が少ないためいろんな用途で使われている成分です。

Wikipediaを見てみると、

媒染剤や防水剤、消火剤、皮なめし剤、沈殿剤などの用途があり、古代ローマ時代から使われてきた。

上質の井戸がない場合、質の悪い水にミョウバンを入れて不純物を沈殿させて飲用に使うこともあった。

また、腋の制汗・防臭剤としても使用されていた。天然のミョウバンは白礬(はくばん)とも呼ばれ、その収斂作用、殺菌作用から、洗眼、含嗽に用いられることがあった。

Wikipedia

色々使われてますねー。

現在は少ないですが、ベーキングパウダーなんかにも入ってるんですよー!

ミョウバンはどんなものに使われてるの?

生活品

  • 媒染剤
  • 防水剤
  • 消火剤
  • 皮なめし剤
  • 沈殿剤

エチケット用品

  • 制汗剤
  • 防臭剤
  • 抗菌剤

食品関係

  • アク抜き剤
  • 煮崩れ防止
  • 発色剤
  • 保存料

ミョウバンって安全なの?

安全性が高いですが、食べるのは厳禁!

食品添加物としても使われるミョウバンですが、実は体内に蓄積するアルミニウムが懸念されてたりしなかったり…。

アルミニウムの摂取が良いか悪いかは別としてわざわざミョウバン水を飲む意味はありません!

 

皮膚に使う分には危険性が低いですが、子供が飲まないように注意してください。

ミョウバンを大量摂取したときの影響

現時点では、過剰摂取しない限り生活する上では問題なさそうです。

Naverまとめの引用文を見てみました。

体内に大量に蓄積されると、肝臓や腎臓の障害を引き起こす可能性がある

つなごう医療 中日メディカルサイト | 食品アルミ 添加物から体内蓄積 子どもの過剰摂取防げ

アルツハイマー病との関連を指摘する意見もある。

つなごう医療 中日メディカルサイト | 食品アルミ 添加物から体内蓄積 子どもの過剰摂取防げ

筋肉痛、けいれん、食欲不振、言語障害、認知症、精神障害などを引き起こすことがある

アルミニウム

しかし、国では今のところ「専門家会議の基準は十分な余裕があり、許容量を超えて摂取したとしてもすぐに健康に影響があるわけではない」という立場をとっている

つなごう医療 中日メディカルサイト | 食品アルミ 添加物から体内蓄積 子どもの過剰摂取防げ

いろいろありますが、

  • 過剰摂取しない限り問題はなさそう
  • 乳児〜小学生低学年は気を使った方が良い

という結論に行き着きました。

ミョウバンと焼きミョウバンの違いは?

ミョウバンを乾燥させているかどうかの違いで、特に変わりません。

一般的に手に入りやすいのは焼きミョウバンの方です。

 

記事に共感したら今日から行動しましょう。

変わるのは今。変わるなら今。

NEVER GIVE UP!!

 

END.

次回予告

今日のピックアップ

  •  

 

-体臭全般

Copyright© Body charm , 2020 All Rights Reserved.