足の臭い

足の臭いの原因は雑菌です。教えます。

足ってなんで臭くなるんだろう。

こんなふうに疑問に思いませんか?

今回は足が臭くなる原因についてお話しします。

足の臭いの原因って一体なんなのでしょうか?

雑菌は、足にもともと潜んでいる常在菌が皮脂や角質、垢などの汚れを分解すると、匂いの元となる物質ができます。

その物質は、「イソ吉草酸」と「酢酸」です。

ではこの雑菌、どうやって発生するんでしょうか?

足の匂いの原因

足汗の量が多い

足の裏には汗腺が集中していて、1日でコップ1杯分の汗をかきます。

その汗は、エクリン腺から出る汗で、本来は無臭です。

この汗が、皮膚常在菌の餌となって分解されて、臭いを発生させます。

対策

制汗クリーム、スプレー、で汗を抑える。

靴のムレ

長時間、靴を履きっぱなしだと、蒸れて臭いの元となります。

 常在菌は、高温多湿を好みます。

対策

履き替え用の靴下、靴を用意して、たまに脱いで乾燥させましょう。

古い角質が溜まっている 角質も皮膚常在菌の餌となり、匂いを発生させます。

角質リムーバーや、軽石などで、丁寧に取り除きます。

爪垢が溜まっている

爪垢 爪の間には、汗や古い角質が垢としてたまりやすいです。

これを放置しておくと、強烈な匂いを発します。

対策

こまめに爪を切ったり、ブラシで汚れを落としましょう。

特に親指に垢が溜まりやすいの要注意です。

疲労

疲労が蓄積されると、肝臓や腎臓が弱り、本来尿から排出されるはずのアンモニアが血液によって全身に巡り、皮膚から出てくるようになります。

疲れた足は血行が悪くなり、下半身に血液と老廃物が溜まりやすくなります。

そのため、毒素のアンモニアが老廃物として排出され、疲労臭が発生します。

対策

デオドラント剤では、効果がないので根本的な改善を試みましょう。

ストレスを溜めず、適度に休み、疲労を溜めないようにしましょう。

疲れた足にはセルフマッサージをして、血行を良くし、老廃物を溜めないようにしてくださいね。

ストレス

足の臭いは、ストレスも関係します。

「精神性発汗」といい、緊張すると汗の分泌量が増え、結果的に臭くなります。

対策

疲労臭と同じように、疲れを溜めないようにして、ストレス発散を意識しましょう。

-足の臭い

Copyright© Body charm , 2020 All Rights Reserved.