ミラドライと制汗剤、どっちが高いでしょう? 答:市販の制汗剤です。

 

体臭専門家:美deo.です。

今回はミラドライと市販のワキガクリーム、どっちがお得なのかシミュレーションしてみました。

美deo女史

この記事でわかること
  • ミラドライと市販のワキガクリームどっちがお得なのか
  • それぞれの65歳までにどれくらいコストがかかるか

ミラドライは、自由診療で高いと思われがちですが、実際はそんなことありません。

実は、金銭的にも、精神的にもミラドライのメリットが大きいのです。

 

この記事を読むことで、
市販の安い制汗剤を続けるのか?

 

それともミラドライに踏み切った方が結果的に良いのかわかります。

こんなあなたへ
  • ミラドライって高いから受けられない
  • 安い制汗剤で済むならそれで十分でしょ
  • 制汗剤、このまま使い続けるのかな…

 

あなたにとってどちらがお得になるのか?一緒に見ていきましょう。

 

「ミラドライ&ワキガクリーム比較」いきます。

 

ミラドライと制汗剤の料金

それぞれの料金比較

まずはミラドライと制汗剤、それぞれの料金をみてみます。

市販・通販ワキガクリームの値段

今回は人気の主要ワキガクリームの値段を見てみます。

主要ワキガクリームの値段

デオナチュレ

¥1,000

シークレット

¥800

レディスピードスティック

¥800

デトランスα

¥2,900

ノアンデ

¥5,000

※わかりやすくするために、端数を切っています。

 

市販品は1,000円前後

市販品で一番人気のデオナチュレは1,000円、海外製ワキガクリームの平均は800円前後。

 

これより高い商品もあるし、もっと安いものもありますが、いったん1,000円で考えます。

 

さらに、一本で1ヶ月〜3ヶ月ともちの幅もあるので、平均をとって2ヶ月と言うことにします。

 

1,000円の商品が2ヶ月分なので、市販品1ヶ月のコスパは500円ですね。

こう見ると激安ですよね。

美deo女史

 

通販品は平均値で4,000円前後

通販品の人気国内製品のノアンデは約5,000円、海外最強ワキガクリームのデトランスαは2,900円です。

 

通販商品は原材料も高価ですし、高いのは仕方ありませんね。

大体の通販商品は4,000円前後なので、平均値をとって、4,000円とします。

 

通販商品は基本1ヶ月分なので、そのままの価格で計算してみます。

 

ミラドライの値段

ミラドライの料金

 

一回照射

2回照射

湘南美容クリニック

¥203,700

¥368,000

プラチナムクリニック

¥324,074
(1度で2回照射)

他クリニック

¥250,000〜
¥300,000

¥450,000〜
¥600,000

 

ミラドライは一回照射で50%、2回照射で70%が消臭の最低ラインと言われています。

注意

最低なので、万が一でもこれくらいの効果があると言うことです。

通常は一回で70%、2回で90%が目安と考えてください。

湘南美容クリニックは激安

表を見てもらえばわかりますが、湘南美容クリニックは群を抜いて安いです。

 

通常出力のミラドライは、施術者による差がほとんどないので、受けるなら絶対おすすめです。

東京プラチナムクリニックは2回照射してくれる

東京プラチナムクリニックの価格が高く感じますが、一度で2回照射してくれます。

 

つまり2回照射に近い効果なんです。

 

「近い」と言うのは、2回照射よりは効果が弱いためです。

さらに2回照射は信頼できるドクター出ないと、出力が高すぎて危険性が増します。

 

1度で2回照射は効果は高いですが、安全に、確実にワキガを治したいなら、通常のミラドライを2回打つのが効果的だと覚えておきましょう。

ミラドライと制汗剤、実際のシミュレーション

料金シミュレーション

実際にシミュレーションしてみます。

 

現在30歳、制汗剤を使うのが65歳までと仮定します。

制汗剤のシミュレーション

ワキガクリームのシミュレーション

市販品

通販品

1ヶ月

500円

4,000円

1年後

6,000円

40,000円

10年後

60,000円

400,000円

35年後

210,000円

1,400,000円

市販品は安いと思いましたか?

 

実は月に500円でも何十年も使い続ければかなり高額です。

 

通販品に至っては150万円に迫る勢い。

これをみても制汗剤を使い続けようと思いますか?

 

ミラドライのシミュレーション

一番安くて、一番効果のある湘南美容クリニックで検証します。

ミラドライのシミュレーション

1回照射

2回照射

1ヶ月

203,700円

368,000円

1年後

16,975円

30,666円

10年後

1,697円

3,066円

35年後

485円

876円

当たり前ですが、1ヶ月目は高いです。

料金を払ってるから当然ですよね。

 

よくみて欲しいのが、10年目です。

一気にひと月当たりの値段が下がってるのがわかりますか?

 

35年経った頃には1回照射ならやっすいワキガクリーム使ってるよりも安くなります。

 

これが私がミラドライを受けた決め手です。

 

比較結果

殺菌力

1ヶ月の料金

1日当たり

市販ワキガクリーム

500円

17円

通販ワキガクリーム

4,000円

133円

ミラドライ1回照射

485円

16円

ミラドライ2回照射

876円

29円

どうでしょうか。

単純に見ると市販ワキガクリームで十分な気もしますが、実際はおそらくもう少し高くなります。

 

市販品でもワキガクリームだけの使用とは限らない

ワキガクリームが月に500円だとしても、他にも汗拭きシートや、汗染みがついたら洗剤などのコストも2重にかかってきます。

 

ワキガクリームをいろいろ試してる人は、月に何個もワキガクリームを買うのでその点でも金額がかさみます。

そう考えると、月に1,500円くらいが現実的ではないでしょうか?

 

ミラドライが最もお得

これで計算し直すと、市販品のワキガクリームが割高に感じます。

ワキガクリームコストを1,500円とした時

1ヶ月の料金

1日当たり

総額

市販ワキガクリーム

1,500円

50円

630,000円

ミラドライ1回照射

485円

16円

203,700円

ミラドライ2回照射

876円

29円

368,000円

 

お得なのは金額だけじゃない

また、ここまで金額ばかり考えてきましたが、たとえ金額が同じでもミラドライを受けるべきだと私は思います。

 

ミラドライを受けることで、本当に自分に自信がつくからです。

 

ワキガクリームで対処している以上、常に脇汗、ワキガとの戦いです。

 

ワキガクリームを忘れれば不安になるし、ちゃんと効いてるかも不安になります。

 

この気持ちになりながら30年ほどを過ごすんであれば、早いうちにミラドライを受けて、心から楽しい生活を30年過ごした方がいいと思うからです。

 

私は50%しかニオイが減らなくてもいいと思った

もちろん、ニオイが絶対なくなる保証もありません。

 

でも、仮に50%しかニオイが取れなかったとしても、十分じゃないですか?

 

今の半分になるんですよ?

私は「最悪でも、ニオイが今の半分になるなら!」

そう思って受けました。

 

2回受ければ8割ニオイが減ります。

 

正直、受けない言い訳ばかりして、制汗剤探しを頑張ってる人の方が損してると思います。

 

もちろん人それぞれ考え方があるので、避難するつもりは全くありません。

 

ただ、かつて同じ状況だった私が今だからこそ、純粋に思うことです。
そして当時私が感じて、決心に至った理由です。

 

夏場、冬場だけだとどうなるのか

制汗剤でも「夏場、冬場の厚着をする時期だけワキガクリームつけるんだけど。」という人もいると思います。

そこで夏場、冬場だけ制汗剤をつける場合もシミュレーションしてみます。

 

夏場は7,8,9月、冬場は11,12,1,2,3月くらいだと思いますが、わかりづらくなるので、ワキガクリームをつける期間は年間で「6ヶ月=半年」とします。

 

ここでも現在30歳、65歳までワキガクリーム使用と考えます。

月のワキガクリームコストが500円の場合

夏場・冬場だけの場合
(月のコストが500円)

1ヶ月の料金

1日当たり

総額

市販ワキガクリーム

250円

8円

105,000円

ミラドライ1回照射

485円

16円

203,700円

ミラドライ2回照射

876円

29円

368,000円

単純に先ほど計算した、数字の2分の1になりますね。

 

圧倒的にワキガクリームの方が安いです。

ここまできたら、どっちがお得かは人それぞれでしょう。

 

すでにミラドライを受けた私にとっては、これでもミラドライを受けたいと思いますが。

 

月のワキガクリームコストが1,500円の場合

夏場・冬場だけの場合
(月のコストが500円)

1ヶ月の料金

1日当たり

総額

市販ワキガクリーム

750円

25円

315,000円

ミラドライ1回照射

485円

16円

203,700円

ミラドライ2回照射

876円

29円

368,000円

ミラドライが断然お得に感じますね。

 

月のワキガクリームコストが、どれくらいなのかは人にもよるので、一概には言えませんが。

短期的に見れば制汗剤、長期的に見ればミラドライ

それぞれの利点

短期で見れば、圧倒的にワキガクリームがお得。

長期で見るならミラドライが金銭的にお得なのはもちろん、精神的にもお得です。

 

この限りではない

ここまで私なりに考察してみましたが、お分かりの通り、この限りではありません。

 

現在50歳なら、ミラドライの方が割高になりますし、

逆に20歳ならさらにお得度が増します。

 

ワキガクリームへの意識も人それぞれ

「ワキガクリームは50歳くらいまでしかつけないでしょ!」

という人はまたコストが変わってきます。

 

ただ、女性である以上、人と接する機会があるうちは、

ニオイには気を使いたいものだと思いますが。

 

90歳、100歳と人と接する機会が減ってくる年代であれば、

ニオイも気にしないかもしれませんが、人と会うなら、

やっぱり臭いと思われたくないですよね?

まとめ

まとめ

これを機に、ぜひ一度、ミラドライを受けるべきか考えてみてはいかがでしょうか?

ワキガクリームを使う生活を、このまま続けた方がお得なのか、自分に問いかけてみましょう。

 

ミラドライを受けるなら、早い方が、金銭的にも、精神的にもお得なのはいうまでもありませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です