ミラドライ VS 剪除法(皮弁法)!保険適用とか結局どっちがいいの?

 

体臭専門家:美deo.です。

 

今回はミラドライと反転剪除法(皮弁法)のどっちがいいのか解説します。

美deo女史

 

この記事でわかること
  • ミラドライと剪除法の違い
  • ミラドライと剪除法どっちがいいか

※「反転線除法(皮弁法)=剪除法」以後、一般的に使われる剪除法で統一します。

 

保険適用の剪除法か、保険適用外で人気のミラドライ。

結局どっちがいいの?

 

こんな声を耳にします。

 

金額はもちろん保険適用の方が安いですが、
コンプレックスを解消できないんじゃ意味がありませんよね。

 

この記事を読めば、ミラドライ・剪除法、双方のメリット・デメリットがわかります。

 

簡単にまとめてるのでサクッと見て行ってくださいね。

 

こんなあなたへ
  • ミラドライと剪除法ってどう違う?
  • ミラドライって高いのにそんなにいいの?
  • 保険適用の剪除方が一番でしょ

 

「ミラドライVS剪除法」行きます。

 

ミラドライとは?

ミラドライとは

 

ミラドライはマイクロ波でワキガの元を壊す施術です。

 

唯一ワキガの治療機として認められていて、安全性が最も高いです。

 

ミラドライ:ポイント
  • ワキガ治療
  • 多汗症治療
  • 脱毛
  • 無傷
  • 術後の制約がない
  • 安全性が高い(合併症がない)
  • 医者の腕に左右されづらい

 

メリットが多いのが特徴です。

 

デメリットも見てみましょう。

 

ミラドライ:デメリット
  • 保険適用がないので高額

 

個人的にワキガの治療法はミラドライ一択ですね。

美deo女史

▷九州のミラドライ最安値情報はこちら

 

剪除法とは?

剪除法とは

 

剪除法は脇の下の皮膚を切除して、直接ワキガの元を切り取る手術です。

 

最もニオイの除去率が高いと言われていますが、医者の腕に大きく左右されます。

 

またリスクも高く傷跡が残る点も頭に入れておきましょう。

 

剪除法:ポイント
  • ワキガの臭いが最も除去できる
  • 保険適用可能(ワキガと診断されないとダメ)

 

ワキガ治療の中で保険適用できるのは剪除法のみです。

 

デメリットも見てみましょう。

 

剪除法:デメリット
  • 傷口から合併症のリスクがある
  • 医者の腕に大きく左右される(医者によって全く効果がない)
  • 大きな傷が残る
  • 保険適用でも高くなる場合がある

 

剪除法は少しでも安くしたい人におすすめです。

美deo女史

 

ミラドライと剪除法の比較

比較

 

  1. 効果
  2. 値段
  3. リスク
  4. 手術時間
  5. ダウンタイム

5つの観点で比較してみます。

 

1. 効果の比較

 

効果 比較

ミラドライ

剪除法

ニオイ除去率

 or 

多汗症克服

脱毛

 

ミラドライはすべての効果がある欲張りな施術です。

 

特に東京プラチナムクリニックは1度でニオイ除去率 です。

 

💡東京プラチナムクリニック

東京プラチナムクリニックは通常の2倍の効力があるので、1度の施術でほぼ満足しています。

当サイトでも一番おすすめは東京プラチナムクリニックです。

東京プラチナムクリニックのニオイ除去率= 

当サイトで自信を持っておすすめしているクリニックです。

 

剪除法は手術なので腕の良い医者なら一番効果が高いです。

 

⚡️腕が悪い医者だとどうなる?

  • 臭いが除去されない
  • 傷が大きくなる
  • 合併症のリスクが高まる

 

腕の良い医者の判断方法

✔︎ 直近で手術をどれくらいやっているか?

✔︎ 経験年数は?

✔︎ 医者の年齢は?(高齢だと判断ミスが増えます)

✔︎ 専門分野にどれくらい携わっているか?

✔︎ 才能

 

注意

腕の良い医者は年齢や直近の手術歴など時期によって大きく左右されます。

そのため、ここでは腕の良い医者はおすすめできません。

 

結論

ミラドライがおすすめ。

 

より効果を求めるなら東京プラチナムクリニックにしましょう。

美deo女史

 

2. 値段の比較

 

値段 比較

ミラドライ

剪除法

値段

220,000〜350,000円
(一回照射)
40,000円
(保険適用時)

ワキガ診断

必要なし ワキガと診断されないと全額自費

追加費用

なし ボトックス注射
30,000〜90,000円

通院費
処方箋

なし あり
10,000円前後?

 

ミラドライは基本的にクリニックの表示価格通りです。

わかりやすいですね。

 

対して剪除法は手術自体は4万円と格安です。

 

しかし落とし穴があって、ボトックス注射を打たないと合併症のリスクが高くなります。

 

剪除法でボトックス注射を打つ理由

腋の下は汗をかきやすく、手術後の傷も大きいので合併症リスクが非常に高い。

 

ボトックス注射で保険適用されるのは多汗症の人だけで、ワキガの人は保険適用外です。

 

つまりボトックス注射を打つと結局高額になります。

 

ボトックス注射の相場は8〜9万円。

 

注意

多汗症認定されない人の剪除法費用

通院費込みで14〜15万円は見た方が良いでしょう。

 

 

女性の場合、断りきれないことが多いので特に注意してください。

 

case.1
手術する旨を伝えて病院に行く
case.2
医者も手術する気満々で説明
case.3
話の途中でボトックスの説明
case.4
手術する雰囲気で断りきれない
case.5
傷が残る上に高額になる

最悪なパターンです。

腕が良ければまだ良いですが、腕が悪い医者なら後悔どころでは済みません。

 

手術費用だけにフォーカスして予定を立てると、後悔することになります。

結論

高くてもミラドライがおすすめ。

 

10万近くなるなら剪除法にするメリットはありません。

美deo女史

 

3. 合併症のリスク

 

合併症のリスク 比較

ミラドライ

剪除法

感染症リスク

傷が大きくなる可能性

傷が目立つ可能性

 

ミラドライはそもそも無傷の治療方法なので術後のリスクはありません。

 

対して剪除法は大きな傷口ができるので感染症のリスクが高いです。

 

感染症にかかってしまうと最悪傷を切り取ることになります。

 

 

 

結論

ミラドライがおすすめ。

 

同じ女性として、剪除法のリスクはデカすぎます。失敗した時に失うものはお金の比じゃありません。

美deo女史

 

4. 手術時間

 

手術時間 比較

ミラドライ

剪除法
(保険適用)

事前通院

必要なし 必要
(すぐに手術できない)

手術時間

1時間 1時間〜2時間

通院

当日のみ 10回前後
(1ヶ月〜4ヶ月)

日常生活

2~3日 1ヶ月〜

※東京プラチナムクリニックは照射量が通常の2倍なので、施術時間が2時間です。

 

ミラドライは自由診療なので治療したいといえばすぐに施術可能です。

 

また傷が無く、合併症のリスクもないので通院の必要はありません。

 

 

対して剪除法を保険適用で受ける場合は、患者の意志よりも医者の考えが優先されます。

 

ワキガの検査も必要ですし、ワキガ治療法は手術だけではありません。

 

海外製デオドラントのような高塩化アルミニウム製剤を使ったり、内服薬で経過を見ることもあります。

 

そのため「手術をしたいです」と言ってすぐに手術ができないので注意してください。

 

注意

保険適用の場合、色々な対策を取ってからでないと手術ができません。

 

結論

ミラドライがおすすめ。

 

保険適用は国の方針があるので、患者の意志よりも医者の考えが尊重されます。

美deo女史

 

5. ダウンタイム(術後の制限)

 

ダウンタイム(術後の制限) 比較

ミラドライ

剪除法

腫れ
皮膚ダメージ

お風呂

シャワー

運動

腕の固定

日常生活に
戻るまでの期間

1~3日 1ヶ月

ダウンタイム 詳しい比較

ミラドライ

剪除法

腫れ 1週間〜2週間 1ヶ月〜2ヶ月
皮膚ダメージ ほぼなし
(アザは3ヶ月ほどで消える)
傷が残る

お風呂

翌日 完治まで不可能

シャワー

当日 2週間〜

運動

激しくなければOK 完治まで不可能

腕の固定

なし ガッチリ固定

日常生活に
戻るまでの期間

1~3日 1ヶ月

 

ミラドライはダウンタイムが短いことも特徴ですが、皮膚の内側に向けてマイクロ波を照射しているので内出血します。

 

この内出血がとても大きく、テニスボールを脇に挟んだような感覚になります。

 

そして内出血が収まるまではボディーラインがわかるような服だと目立ちます。

 

この腫れは通常1〜2週間ほどで目立たなくなります。

 

それ以外は固定もなく、2〜3日で日常の生活に戻れます。

 

 

剪除法は傷口が大きく合併症のリスクが高いので「腕はガッチリ固定、濡らすことも抜糸までは不可能」です。

 

注意

剪除法

抜糸後の制約も多く、治りが悪いと何ヶ月も日常生活を送れないことになります。

 

結論

ミラドライがおすすめ。

 

特に、仕事や学校がある人は、手術より生活制限の方が苦労します。

美deo女史

 

結局どっちがいいのか?

まとめ

 

ミラドライ一択です。

 

ここまで見てもらえばわかるように、剪除法にするメリットはかなり小さいです。

 

脇毛で隠すことができる男性であればまだ剪除法にするメリットはありますが、剪除法の傷は男性でも気になるレベルです。

 

女性であれば今の時代、わざわざ剪除法にする理由は皆無だと思います。

 

一円でも安くしたいというなら別ですが、ワキガ手術は言わばあなたの「新しい人生」を買うようなものです。

 

せっかくの新たな人生です。

値段だけの判断で、その後の人生を大きく左右することだけは避けたいですね。

 

 

最後に:人生を変えるには行動のみ
正直、制汗剤いらずになるだけで本当に世界が変わります。

そしてワキ汗と決別するには行動するしかありません。

 

行動するだけです。

簡単ですね。

 

変わるも変わらないもあなた次第です。

 

▷九州の最安値ミラドライ情報【福岡,鹿児島,熊本】

 

本来の自分に戻れる魔法の克服方法

 

私は自分の体臭を気にすることで毎日がストレスでした。

 

制汗剤は結局一時しのぎ。そんな毎日。

 

ワキガを克服するには何かしら妥協が必要だと思っていませんか?

 

妥協することなんかありません。

 

欲張っていいんです。

良いものは良いです。

 

世の中には一瞬で今の自分を変えられるような魔法のような方法もあるんです。

 

これを知るまでに私は8年かかりました。

 

あなたはそんなに待つ必要ありません。

 

この情報にたどり着いたあなたの特権です。

 

もっと自分に自信をもっていいです。

 

そして生まれ変わった自分を想像してください。

ウキウキしてきませんか?

 

もっと新しい自分に出会えるワクワクを楽しみましょう。

 

公式HP:https://platinum-t.com/

 

国内で最も効果のあるミラドライ。

 

遠方からでも行く価値のあるクリニック。

 

自信をもっておすすめできます。

 

▷このクリニックを詳しく

▷魔法にかかってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です