【太っている人必見】デブはワキガ率高し!?体臭との知られざる秘密〜メタボ臭〜

【太っている人必見】デブはワキガ率高し!?体臭との知られざる秘密〜メタボ臭〜

マユ
最近太ってきて、ワキガが強くなってきた気がする…
デブはワキガが強くなるって本当なんだ、はあ〜
それは皮脂が増えているからですね。
脇の下のお肉が増えてきていませんか?

美deo女史

 

マユ
うん、増えてる。
これが臭いの原因?
ざっくり言うとそうなります。
美味しいものを食べるのと、ワキガ臭がなくなるのだったらどっちがいいですか?

美deo女史

 

マユ
そりゃワキガじゃない方がいいよね。
そうですよね。臭いで嫌な思いしたくないですよね。そのためにマユさんは今日から食事を我慢できますか?

美deo女史

 

マユ
今日から!?
今日からはちょっと…
では1年後くらいからでしょうか?

美deo女史

 

マユ
それはやり過ぎかも笑
では今日から始めましょう。できることからでいいんです。
一度やり始めたら体も変化しますし、どんどん楽しくなりますよ。

美deo女史

 

マユ
わかったわ。
今日からやる!
その調子なら必ず変われるはずです。
それではいきましょう!

美deo女史

 

太っているとワキガが強くなるのは本当?

マユ
デブがワキガ説は本当なの?
太っているからワキガ、ということはありません。
ただ、ワキガに限らず体臭は発生しやすいので臭いが気になるなら今日から対策しましょう。

美deo女史

ワキガの原因は雑菌と皮脂量です。

脂肪が増えることによって皮脂分泌量が増え、脇の下が蒸れることでワキガ菌も増えます。

簡単に言うと、臭い物質とワキガ菌が増えます。

太っていると雑菌が増えて臭くなる

脇の下がムレると雑菌が繁殖する

太っていると脇の下が贅肉によりムレやすくなります。

雑菌はジメジメした場所で大繁殖しますから、悪臭を発しやすくなります。

 

太っていると皮脂量が増えて臭いの原因に

皮脂が雑菌に分解されることで臭いが発生する

悪臭は皮脂が分解されることで発生します。

太っていると皮膚内の皮脂量が増えるので相対的に悪臭も強くなるんですね。

暴飲暴食によっても悪臭が強くなるので食生活が乱れている人は要注意。

 

ワキガだけじゃない!体臭もキツくなる!

メタボ臭に気をつけろ

ワキガじゃないから大丈夫なんて思っていませんか?

実は太っているとワキガ以外の体臭も発しやすくなります。

俗にいうメタボ臭ですね。

 

メタボ臭ってなに?

老廃物や皮脂が溜まることで発する悪臭です。ジャンクフードや肉食に偏りがちな太った方に多い臭いのためメタボ臭と呼ばれます。

メタボ臭と呼ばれますが、同じような生活を送っていれば太っていない方でも臭います。

加齢臭と腸内腐敗臭です。

加齢臭は体内で処理できなかった皮脂が皮膚上に出てくることで臭うもの。

腸内腐敗臭は暴飲暴食により、腸内で処理できずに食物が腐敗した臭いです。

 

どちらも健康な食事を心がけることで改善できます。

 

 重度ワキガのおすすめ対策はこちら▶︎ 

 

太っている人が体臭をなくすための方法

まずは酸性食、油の摂取を控える

腸内で腐敗する食べ物の代表が酸性の食事です。

動物性の食べ物、甘いもの、油はほぼ酸性だと考えてください。

和食を心がければ問題ありません。

ワキガに効果的な食事をみる▶︎

 

石鹸で体を洗う

酸性物質の臭いはアルカリ洗浄。
アルカリ性の臭いは酸性洗浄。

酸性とアルカリ性はお互いに打ち消しの効果があります(厳密には中和)

そして体臭のほとんどは酸性物質によるものなのでアルカリ洗浄で体臭をリセットしてください。

MEMO
シャンプー、ソープ=酸性

石けん、カリ石けん、カリ含有石けん=アルカリ性

 

 

クエン酸風呂に入る

アルカリ性の肌は雑菌が繁殖しやすいので酸性の風呂で弱酸性肌に戻す。

アルカリ性で洗った後は体表面がアルカリ性に傾きます。

このアルカリ性肌のままだと悪い雑菌が繁殖しやすくなるので、体臭を消すために石鹸で体を洗ったら、酸性風呂に入りましょう。

お風呂にクエン酸を入れる「クエン酸風呂」竹酢液を入れる「竹酢液風呂」が有効でしょう。

 

太っている人のワキガ、体臭との関係まとめ

決して「太っている人からワキガ、太っているから体臭が強い」というわけではありません。

 

ただ、太っていると悪臭を放つ要因が多いのは事実です。

食生活や生活習慣で改善できることは多いので是非実践して体臭改善をしてください。

 

これを機に、体のケアを始めればぐんぐん効果が実感できて、楽しくなるかもしれませんね。

 

具体的なワキガ対策をみる▶︎

 

ワキガ記事 一覧へ戻る▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です