【緊張汗=ワキガの原因】ストレスがワキガを加速させる

【緊張汗=ワキガの原因】ストレスがワキガを加速させる

流し読み 2 分

3つの異なる汗のかき方

ストレスとワキガの関係についてお話しする前に予備知識を勉強しましょう。

前置きが長くなりますが、前提知識が必要なので少しだけお付き合いください。

 

では早速。

 

汗のかき方には3つの種類があります。

  1. 温熱性発汗=体温を下げるためにかく汗
  2. 精神性発汗=緊張汗、防衛本能
  3. 味覚性発汗=刺激物を食べた時の発汗

この中でワキガ臭を発しやすいのは2番の精神性発汗です。

残りの2つは臭いの発生しにくい汗です。

温熱性発汗=体温を下げるためにかく汗

みなさんが知っている一般的な汗ですね。

温熱性発汗の役割は体温を適切に保つためで、健康に関わる非常に重要な汗です。

  • 全身性の発汗
  • 体温調節
  • ニオイが発生しにくい

ミョウバン風呂などで全身の汗を抑える入浴方法がありますが、全身の汗腺を塞ぎ必要以上に汗を抑えることは、健康を害すばかりか新陳代謝の悪化により肌荒れや便秘、冷え性、痩せにくくなるなどのデメリットがあるので注意してください。

精神性発汗=緊張汗、防衛本能

恐怖や緊張した時など、強いストレスを受けた時にドバッと出る汗が精神性発汗です。

ジトッとして嫌な汗ですよね。

  • 局所的な発汗(顔、手足、脇)
  • 自己防衛のための汗
  • ニオイが発生しやすい

精神性の発汗は人間の防衛本能で、危機的状況で身体能力を最大限に発揮するためのものです。

緊張汗は、ヒトがサルのように木の上で生活していたときのなごりで、獲物をとらえたり、敵から逃げたりするときに、手足がすべらないように湿り気を与える役割を果たしていたとされています。

また、ワキからの汗はニオイを多く発生しますが、かつてはそれが種族の同士の目印になっていたようです。

現代社会で気になる「緊張汗」ってなに?

味覚性発汗=刺激物を食べた時の発汗

味覚性発汗は刺激物を食べた時に出る汗です。

極度に苦いものや酸っぱいものを食べるとクゥ〜と冷や汗がでるアレです。

辛いものを食べた時にカッと熱くなるのは急激に発汗するためなんですね。

  • 局所的な発汗(顔面)
  • なんのためか未解明
  • ニオイは発生しにくい

実は味覚性発汗がなぜ起こるのかはよくわかっていないので詳しいことがわからないのが現状です。

ただ言えることはニオイ自体は発生しにくいので体臭に関しては特に気にする必要がないということです。

ストレスがワキガを引き起こす原因とは?

ここから本題です。

ニオイが発生する汗というのは汗中に水以外の成分(ミネラルなど)が多く含まれている時です。

汗のメカニズムについてはこちら▶︎

 

水以外の成分が多く含まれるのは急激に発汗した時。

汗腺機能が正常だと、汗が出る瞬間にニオイ物質を除去してくれるのですが、汗腺機能が弱まると除去が追いつきません。

 

この急激な発汗は主にストレスが生じた時に起こります。

ストレスがワキガの引き金になるのはこのためですね。

ストレスを感じる

急激に発汗=汗中のニオイ成分が増加

ワキガ臭が強くなる

ストレス過多、急激な発汗で汗の質が悪くなる

生活の中でストレスがたまってしまうと自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると精神状態も不安定になり、緊張性の汗をかきやすくなるので汗が臭くなりやすくなります。

急激に発汗するケース

他にも急激に発汗するケースがあります。

緊張時

自律神経が乱れると常に緊張した状態になり、汗が臭くなります。

ホットフラッシュ

更年期に発症するホットフラッシュは、何もしていないのに急に体が火照る現象。

原因は更年期にに差し掛かったことによるホルモンバランスの変化です。

 

ホットフラッシュが起こると急激に体温が上がり発汗するので、ミネラルの再吸収が追いつかずに汗が臭くなります。

ホルモンは自律神経、発汗にも深く関わっているので体臭が強くなりやすい時期とも言えます。

冷房→暑いところへ移動

冷房が効いたところからいきなり暑いところへ移動した時も、体が危険を回避するために急激に発汗します。

現代人では特に多いですね。

このため日頃からエアコンに当たっている人は汗の質が悪くなりがちです。

ストレス性のワキガを解消する方法

ストレスによるワキガの悪化を防ぐ方法はいくつかありますが、どれも汗の質を改善するものです。

意識することで簡単に改善できるので、できる範囲で実践してみましょう。

 

もっと具体的にできるワキガ対策もありますが、ここでは簡単に説明します。

1.汗腺機能を回復させる

最も手軽で効果が高いのが汗腺の機能を高める方法です。

外出時にはワキガ臭が気になってできない人も、自宅だけでできる汗腺トレーニングがあるので心配いりません。

 

所要時間も10分〜なので今日からできますよ。

2.自律神経を整える

自律神経は発汗と深いつながりがあります。

 

とりわけニオイが強くなるのは交感神経が優位な時。

ストレス過多の時ですね。

 

あまり思い詰めずにリラックスすることも重要です。

3.お酒・タバコを控える

お酒、タバコは自律神経を乱す元です。

アルコールは体臭を減らしてくれる肝機能を低下させ、悪臭物質のアセトアルデヒドを発生させます。

タバコは依存性も高く、タバコを吸っていないこと自体がストレスになり、汗が臭くなります。

 

どちらも臭くなる元。

体臭で悩むなら今すぐやめましょう。

 

ワキガは体質なのでどうしようもない部分もあります。

しかし、自分の欲求を満たすために酒タバコを謳歌する人はスメハラと言われて当然です。

意識が低すぎる。

 

ワキガ改善はそんなに甘くありませんよ。

4.適度に体を動かす

適度に体を動かすことはリフレッシュにつながり、自律神経を整えるとともに、汗をかくことによる汗腺機能の改善にもなります。

忙しい現代人にはなかなか難しいかもしれませんが、休日に少しウォーキングをするなど、できる範囲で取り入れてみるといいですよ。

ストレスとうまく付き合うことでワキガも減る

体質だから、と思われている人も多いですが、ワキガは様々な要因の掛け合わせです。

もはや体質だけの問題ではありません。

 

ストレスもワキガを悪化させる要因の一つです。

ストレス社会の現代ではなかなか難しいですが、ワキガを改善するためにもリフレッシュ習慣を取り入れてみてください。

 具体的なワキガ対策をみる▶︎ 

悩み克服で大事な3か条

  1. ワクワクしたらまず行動
    行動が人生を変えます
  2. 先延ばしにしない
    悩む時間がもったいないです
  3. 全てはあなた次第
    進むも戻るもあなた次第です

 

ワキガ記事 一覧へ戻る▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【緊張汗=ワキガの原因】ストレスがワキガを加速させる