【スソガの洗い方講座】臭いからって〇〇で洗っちゃダメ!

【スソガの洗い方講座】臭いからって〇〇で洗っちゃダメ!

流し読み 1 分

スソガは洗い方1つですごく臭いに差が出ます。

 

洗い方によってニオイの原因になる細菌バランスが大きく変わるからです。

膣内の自浄作用にも差が出ます。

 

あなたのデリケートゾーンの洗い方は正しいでしょうか?

 

今回はスソガの正しい洗い方について解説します。

 

スソガの間違った洗い方

アソコのお手入れ、お風呂でニオイを落とすのも大変ですよね。

なかなかニオイが落ちないとついゴシゴシ、2度洗いしがちです。

 

でも2つの洗い方はどちらもダメです。

 

こうして文字で見ると、あぁダメだよなって思いますよね?

ついやってしまいがちですが、実際に実践するのが大事ですよ。

 

ゴシゴシ洗う

スソガの臭いが落ちないからといってゴシゴシ洗うのは絶対にダメ。

肌を傷めてスソガの元になる雑菌を繁殖させます。

 

ソープを使って洗う

スソガの臭いを取り除けるのはアルカリ洗浄剤です。

石鹸=アルカリ性

ボディソープ=酸性が多い

スソガの臭いはアルカリ性によって中和できるので、臭いを落とすなら断然石鹸です。

また、ボディソープは肌残留性が高いものもあり、洗い残しがあると雑菌が繁殖して臭いが強くなります。

 

毎日のように重曹風呂に入る

肌表面がアルカリ性だと雑菌が繁殖しやすくなります。

臭いを落とすにはアルカリ性が有効ですが、

 

膣内を洗ってはいけない

膣内を洗うのは基本NG。

膣内環境を守ってくれている善玉菌がいなくなり、悪玉菌が繁殖しやすくなるためです。

 

もし膣内のニオイが気になる、膣内を洗いたい!という場合は膣内洗浄薬を使いましょう。

 

スソガの正しい洗い方

石鹸で洗う

スソガの臭いをしっかりリセットしたいなら石鹸一択です。

これはアポクリン汗腺由来のスソガの臭いが、アルカリ性によって中和されるからです。

 

そのため酸性のソープで洗っても思うような効果が得られないんですね。

特におすすめは柿渋石鹸。

 

柿渋には消臭+抗菌のダブル効果があります。

今までボディソープでニオイが落ちずに悩んでいた人はビックリするはず。

 

試してみてください。

 

タオル、アカスリを使わずにたっぷりの泡で洗う

タオル、アカスリは肌のバリア機能まで落としてしまうので、泡だてネットであわ立てたふわふわの泡で優しく洗いましょう。

 

洗った気がしない、と言われそうですが、柿渋石鹸は洗浄力と消臭力が高いので優しく洗ってもしっかりリセットできますよ。

 

スソガ対策で入るなら酸性のお風呂

スソガ対策で入浴を考えるなら酸性のお風呂です。

 

理由は3つ。

  • 膣が酸性なので、膣環境を悪化させない
  • お風呂上がりに肌表面が弱酸性になり雑菌が繁殖しない
  • 酸性湯自体にアンモニア臭など減臭効果がある

臭いを落とすにはアルカリ性が有効ですが、肌表面がアルカリ性のままだと雑菌が繁殖します。

アルカリ性と酸性の比較
アルカリ性酸性
有効な体臭多くの体臭に効く限られた体臭に効く
悪玉菌繁殖しやすい繁殖できない
膣への影響膣環境をこわす膣環境に影響なし
使い分け洗浄に有効仕上げに有効

 

膣内を洗いたいなら専用の洗浄剤で不快感ゼロに

水、ソープ、石鹸で洗うのはデリケートゾーンのPH値が変わるので絶対×!

雑菌が増えて臭いと感染症の原因になります。

 

膣内洗浄剤のおすすめはインクリア。

人気のプチシャワーセペもいいですが、自浄作用は変わりません。

 

ニオイにより効果的なのは膣内の自浄作用を高めてくれるインクリアです。

インクリアの特徴

  • 洗うのではなく、乳酸を補うことで腟の自浄作用を高める
  • 自浄作用が高まり、気になるにおい・おりものが軽減する
  • 使いやすく、手を汚さないワンプッシュ設計
  • 衛生的な使い捨てタイプ(※再使用禁止)

 

スソガの正しい洗い方まとめ

スソガは正しい洗い方をしないと、臭いが悪化してしまいます。

 

どれも、今日からできる基本的なことなので、すぐにでも実践しましょう。

行動した人から体臭に変化が出ます。

 

そして毎日が充実するのも行動した人だけです。

 

スソガの記事一覧へ戻る▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【スソガの洗い方講座】臭いからって〇〇で洗っちゃダメ!